返回首页

300篇精选中日文对照阅读 275 白云愁色

时间: 2012-12-29    作者: jpstudy    点击:2340进入日语论坛
核心提示:はくうんしゅうしょく 一匹のトンボが夏の終わりを告げるわけでない。一片の白雲が秋の到来を知らせるわけてもない。しかし、里に下りてきた赤トンボをよく見かけるようになっ
(单词翻译:双击或拖选)

 はくうんしゅうしょく

 

  一匹のトンボが夏の終わりを告げるわけでない。一片の白雲が秋の到来を知らせるわけてもない。しかし、里に下りてきた赤トンボをよく見かけるようになった。雲の風情(ふぜい)も夕焼け空も、今までとは違う。そして高校野球の終わりは、夏の終わりを告げる。

 

  一只蜻蜓并不报道夏日的终结。一片白云并不预告秋日的来临。然而,乡村里,红蜻蜓已随处可见。云的容姿、天边的晚霞都已改变了模样。而此时高中棒球赛的落幕,则宣告了夏日的终结。

 

  「夏の終わり」には、客がいっせいに帰ったあとの食卓のような、むなしさがある。人の来なくなった海岸のヨシズ張りの小屋で「氷」のノレンがぱたぱたと鳴るときのような、白々(しらじら)しさがある。夏の情熱を吹き込んで、きらきら燃えていた太陽が、すべてが終わろうとしているのに、まだ無神経に輝きつづけている。そのそらぞらしさが、夏の終わりなのだろう。

 

  “夏日的终结”就像顾客离席归去后的餐桌,空虚无奈。就像海边那已无人问津的席棚小店上那写着"冰"字的幌子,徒在风中飘摆作响而兴尽意阑。然而,在这一切行将没落之际,倾注着夏日浓情、煌煌燃烧着的太阳却依然懵懵懂懂地挥洒着光芒。而这种强装的声势,正所谓夏日的终结吧。

 

  白雲愁色の季節だ、と倉嶋厚(くらしまあつし)「お茶(ちゃ)の間歳時記(まさいじき)」に、阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)のことが書かれていた。「明月帰らず碧海に沈み白雲愁色蒼梧に満つ」とは、仲麻呂の死を悼んだ李白の詩である。仲麻呂は十六歳で唐に渡った。けんらんと文化の花がさく玄宗皇帝の世だった。彼はそのまま長安の都に住みついたが、望郷の思いは断(た)ち難(がた)かった。

 

  “那是个白云愁色的季节”,仓岛厚的《餐室岁时记》中记述到阿倍仲麻吕时,曾这么写道。而“明月不归沉碧海,白云愁色满苍梧”则是李白为仲麻吕所作的悼亡诗句。仲麻吕十六岁渡海赴唐。正值文采绚烂的玄宗之世。他就此居留都城长安,然而乡愁之念终难断绝。

 

  五十二歳になって、日本に帰ろうとする。船は暴風で沈み?仲麻呂は水死したと信じられた。李白がこの友人の死を悲しんだのが「白雲愁色」の一篇である。実は、仲麻呂は九死に一生得て、今のベトナムに漂着した。その後長安に戻ったあと、ハノイの長官をやったり、帝室図書館長をつとめて七十歳で死んだ。

 

  五十二岁那年,欲回日本。不料船遇暴风,皆以为仲麻吕已溺水身亡。李白痛悼好友之死,伤心之余而写下了“白云愁色”之作。其实,仲麻吕在九死一生之后,漂到了现在的越南。之后他重返长安,曾任河内的地方官和皇家图书馆长等职,享年七十而终。

 

轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(4)
57.14%
踩一下
(3)
42.86%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论