返回首页
当前位置: 首页 »走进日本 » 日本文化いろは事典 » 正文

三味線

时间: 2015-11-25    点击:370进入日语论坛
核心提示:三味線三味線の祖型は、中国の三弦で、16世紀後半に沖縄から本土にもたらされたと考えられている。当初は盲人が扱う楽器であった
(单词翻译:双击或拖选)
 三味線
三味線の祖型は、中国の三弦で、16世紀後半に沖縄から本土にもたらされたと考えられている。当初は盲人が扱う楽器であったが、民間にも普及し、江戸時代以降、芸術音楽、民俗音楽を問わず、日本音楽の代表的な楽器として親しまれてきた。木製の四角い枠の両面に、猫か犬の皮膜を張った胴に長い棹が貫通させてある。一般的には、正座した右ひざの上に胴を置き、右腕で胴当を押さえ、楽器を安定させて構える。左手指で、弦の途中を必要に応じて棹に押さえつけ(押える所を勘所またはつぼという)、右腕を胴当の上に置いたまま、バチを回転させて打ち下ろし、棹に張られた3本の弦を撥奏するのが基本的な弾き方である。三味線の調弦法を“調子”というが、基本的な本調子、二上りや三下りのほかに、様々な派生的・変則的な調弦法がある。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

热门TAG: 日本 文化 事典
------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论
推荐内容
论坛新贴