返回首页
当前位置: 首页 »走进日本 » 古事記 » 正文

山幸彦

时间: 2018-04-21    进入日语论坛
核心提示:火遠理命/山幸彦(ホオリノミコト/ウミサチヒコ)天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と、山の神の娘の木花開耶姫(このはなさくやひ
(单词翻译:双击或拖选)
火遠理命/山幸彦(ホオリノミコト/ウミサチヒコ)
 
天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と、山の神の娘の木花開耶姫(このはなさくやひめ)(鹿葦津姫(かしつひめ)、吾田津姫(あたつひめ)また吾田鹿葦津姫ともいう)との子。
 
母は、誕生する子が天神(あまつかみ)の子であることを証明するために、無戸室(うつむろ)に入って火をつけ火中で出産する。誕生した尊が天神であるとともに、記紀神話で山幸彦(やまさちひこ)とよばれるのは、母を通して山の呪力(じゅりょく)を継承したからである。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(1)
100%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论