返回首页

小倉百人一首(49)

时间: 2017-01-10    点击:271进入日语论坛
核心提示:49、みかきもり 衛士(ゑじ)のたく火の 夜はもえ 昼は消えつつ 物をこそ思へ大中臣能宣【歌意】 宮中の門を守る衛士の焚く
(单词翻译:双击或拖选)
 49、
みかきもり 衛士(ゑじ)のたく火の 夜はもえ 昼は消えつつ 物をこそ思へ
大中臣能宣
 
【歌意】 宮中の門を守る衛士の焚くかがり火が、夜は燃え昼は消えるように?私の恋心も夜には燃え上がり?昼は悶々と思い悩んでいる。
 
【作者】 (おおなかとみのよしのぶ) 921~991年 神職の家柄に生まれる。梨壺の5人の一人。
 
【説明】 「みかきもり(御垣守)」は、宮中の諸門を警護する兵士。「衛士」は、諸国から交替で集められた兵士で、みかきもりである衛士という意。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(1)
100%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论