返回首页

小倉百人一首(53)

时间: 2017-01-12    点击:246进入日语论坛
核心提示:53、嘆きつつ ひとり寝る夜の明くるまは いかに久しきものとかは知る右大将道綱母【歌意】 嘆きながら一人寝る夜の明けるまで
(单词翻译:双击或拖选)
 53、
嘆きつつ ひとり寝る夜の明くるまは いかに久しきものとかは知る
右大将道綱母
 
【歌意】 嘆きながら一人寝る夜の明けるまでが、どんなに長く感じられることか、あなたはきっとご存知ないのでしょうね?
 
【作者】 (うだいしょうみちつなのはは) 937?~995年 藤原兼家の第二夫人となって道綱を生んだ。『蜻蛉日記』の作者。
 
【説明】 夫の藤原兼家がやってきた時、門を遅く開けたところ、「立ち疲れた」と言ったのに答えた歌。ひとり寝の夜長に堪えられない気持ちを訴えている。
 
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论