返回首页
当前位置: 首页 »日语语法 » 古典文法常识 » 正文

序詞

时间: 2018-09-24    进入日语论坛
核心提示:3.序詞 七音以上で、枕詞と同様、ある言葉を導くためにの語で、背景を具体的にイメージさせたり、連想させたりする効果を与え
(单词翻译:双击或拖选)
 3.序詞
 七音以上で、枕詞と同様、ある言葉を導くためにの語で、背景を具体的にイメージさせたり、連想させたりする効果を与える。訳す必要がある。
 
 (1)意味的な関連なもの[訳すときは「~のように」]
  みちのくのしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにし我ならなくに(古今集・恋)
   (みちのくのしのぶもぢずりの乱れ模様のように、誰のために私の心が乱れるのでしょう。)
 
 (2)音的なもの[訳すときは「~ではないが」]
  住江の岸に寄る波よるさへや夢の通ひ路人目よくらむ(古今集・恋)
   (住江の岸に寄る波ではないが、夜までも夢の中の通い路で、
     あの人は人目を避けるのだろうか。)
 
 (3)掛詞の序詞[訳すときは「~という」]
  立ち別れいなばの山の峰に生ふるまつとし聞かば今帰り来む(古今集・離別)
   (あなたと別れ、因幡の国へ行ったとしても、その因幡の山の峰に生えているという
     松のように、(あなたが私を)待つと聞いたのなら、すぐに帰りましょう。)
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论