返回首页
当前位置: 首页 »走进日本 » 日本文化大百科 » 正文

【徳川光圀】

时间: 2017-10-30    点击:252进入日语论坛
核心提示:【徳川光圀】(とくがわみつくに)(1628―1700)江戸前・中期の大名。御三家水戸藩第二代の藩主。幼名は長丸{ちょうまる}、のち千
(单词翻译:双击或拖选)
【徳川光圀】
(とくがわみつくに)
 
(1628―1700)江戸前・中期の大名。御三家水戸藩第二代の藩主。幼名は長丸{ちょうまる}、のち千代松{ちよまつ}、元服して名を光国といった。光圀となったのは50歳代後半からである。字{あざな}は、初め徳亮{とくりょう}、また観之{かんし}、のち子竜{しりゅう}。号は日新斎{にっしんさい}、常山人{じょうざんじん}、率然子{そつぜんし}などがあるが、晩年の梅里{ばいり}、西山{せいざん}が有名。義公{ぎこう}は諡{おくりな}である。光圀を理解するには、その生涯を四期に分けるのがもっとも適当であろう。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论