返回首页
当前位置: 首页 »走进日本 » 日本文化大百科 » 正文

【佐久間象山】

时间: 2018-03-22    进入日语论坛
核心提示:【佐久間象山】(さくま‐しょうざん)(ショウザンは一説にゾウザンとも) 幕末の思想家・兵学者。信州松代まつしろ藩士。名は啓
(单词翻译:双击或拖选)
【佐久間象山】
(さくま‐しょうざん)
 
(ショウザンは一説にゾウザンとも) 幕末の思想家・兵学者。信州松代まつしろ藩士。名は啓ひらき。通称、修理。学を佐藤一斎に受け、また、蘭学・砲術に通じ、海防の急務を主張。1854年(安政1)門人吉田松陰の密航の事に坐し、幽閉され、64年(元治1)幕命によって上洛、攘夷派の浪士に暗殺された。著「海防八策」「省諐録せいけんろく」など。(1811~1864)
 
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论