返回首页
当前位置: 首页 »日语考试 » 日本文化练习题 » 正文

日本文化练习题(130)

时间: 2018-02-23    点击:300进入日语论坛
核心提示:35.荘園経済は当時の政治にどんな影響を与えたか日本の荘園は奈良時代に律令制下で農地増加を図るために、墾田(こんでん)私有
(单词翻译:双击或拖选)
35.荘園経済は当時の政治にどんな影響を与えたか
日本の荘園は奈良時代に律令制下で農地増加を図るために、墾田(こんでん)私有を認めたことに始まった。平安時代には、まず小規模な免税農地からなる免田寄人型荘園が発達し、その後、皇室や摂関家、大寺社など権力者へ寄進す寄進が主流をしめた。743年に懇談永年私財法が発布されて、墾田の永年私有を求めるものだったため、資本をもつ中央貴族、大寺社、地方の富豪は活発に開墾を行い、大規模な土地私有が出現することとなった。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论