返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 川島誠 » 正文

NR(ノーリターン)76

时间: 2018-09-30    点击:239进入日语论坛
核心提示:75「どうしてる、高橋。トレーニングはしてるか? 陸上をしよう」「私、呼んでません。このひとのことは」 店長が叫んだ。「誰
(单词翻译:双击或拖选)
 75
 
 
「どうしてる、高橋。トレーニングはしてるか? 陸上をしよう」
「私、呼んでません。このひとのことは」
 店長が叫んだ。
「誰です、このひと」
 すわったまま、店長はコーチのことを大袈裟に指さしてる。
 やっぱり、酒に弱い。
「偶然だよ。店の前をとおりかかったら、偶然、高橋がチラッと見えたんだ。ぼくは、この前も、偶然に高橋と電車で会った。これは、高橋にスポーツを勧める神の仕業だ。なあ、高橋」
 店長が立ち上がった。
「それならば、良い話です。おすわりください。中国人、運命信じます」
 店長がスペースをつくってくれたんで、サリナと俺の間にコーチがすわった。
「最近は、どうなんだ? 高橋」
 コーチに聞かれて、俺は答えた。
「絶好調ですよ。絶好調。からだも脳も」
 
 そういうわけで、グラウンド。
 トラックを吹き抜ける風が気持ちいいのは、海が近いせいなんだって。
 今日は、まず、ロング・ジョッグ。
 別にさあ、俺は、絶好調ってこともないんだけど、まあ、そうなりたいじゃない。自分で絶好調って言ってれば、そのうち、そうなる。
 これ、俺の人生の、基本姿勢。
 俺の人生?
 そう、始まったばかりの、俺の人生。
 
 眉子叔母さんは、とりあえずスペインに帰ることになった。祖父母に会う必要がある。出生の秘密が明らかになってから、初めて顔を合わすわけだ。
 いままで両親だって思ってたひとたちと、どういう再会になるんだろう。気になったからね、俺も、一緒に行こうかって提案したの。
 俺にとっても、祖父母にあたるわけだし。幼いころには会ってるらしいけど、もちろん、俺の記憶にはない、母方の祖父母。
 そしたら、眉子叔母さんは、
「だいじょうぶ。そんなにウエットな感じにはならない。慧の逮捕の報告っていう、具体的な重要課題もあるし。そうね、ともかく、その相談をしてくる」
 と言った。
「もう年齢が年齢だから、一度にショックを与えないようにしないと。あなたに会うのは、落ち着いてからがいいと思う」
 言われたときには気づかなかったんだけど、俺と会うっていうのは、祖父母にとって、そんなにショックなことなのか? 未知の動物と出会うわけじゃないと思うんだけど。
 一般論としてはね、たしかに、ショックは少ないほうがいい。
 叔母さんの一時帰国のお別れパーティ、ってほどでもなくて、一応の挨拶ということで店長とサリナに来てもらった。
 そしたら、ふたりだけのときにサリナが、
「事故の前ね、高橋と私は、いわゆる恋愛関係っぽくもあったのよ。実は」
 と言った。
 これは、ちょっと、ショック。いまさら、なんだよ。ちゃんと、最初に言えよな。
「もちろん、肉体の関係もふくめてね。だから、カギだって持ってたの」
 そう言って、サリナはからだをくねらせるのよ。相変わらず、めちゃくちゃ色っぽい。でも、そんなこと、言われたってねえ。
「お店でマフィアの潜入捜査をしてて、あなたと知りあった。でも、その後、MSUの信者だってわかって、警戒し始めたところだったのよ、事故が起きたときには。高橋は、見事に記憶がなくなってたわね。MSUのこと、私がほのめかしても、ぜんぜん覚えてなかった。事故前のことはゼロ」
 そんなことはない。俺のエピソード記憶は消滅してたけど、ともかくサリナという単語にだけは、脳が反応してた。
 そのわけがね、納得できた。
 けれど、サリナの言葉で、もうひとつショックだったことがある。こっちのほうが、じわじわと効いてきて、心がうずく。
 それは、俺がMSUの信者だったってのが、サリナによって裏づけられたからだ。記憶喪失前の自分について、いちばん受け入れられない情報。
 過去の自分は捨てたつもりだ。でも、なんか、自信がなくなっちゃうよね。そんなおかしなやつだったのかって思うと。
「で、どうする? これからふたりの関係は」
 俺には、返事のしようがない。まあ、成り行きにまかすしかないだろう。
 サリナは、JCIAは、やめた。今後のことは未定だそうだ。
「マフィアがお似合いですよ。ニッポンの警察とヤクザは、まったく体質が同じです。サリナさんなら、出世、間違いなし」
 店長が勧めるけど、乗り気ではないみたい。
 それよりも、と店長は言った。
「まさか、桝本が殺されるとは思いませんでした。『小さなチンポ教』も、おしまいです。ニッポンのマスコミ、間違い多いです。高原組との抗争だって言ってます。いまさら桝本のタマとって、高原の側にはなんのメリットもない」
 店長は、おそらく秘密警察の、JCIAの仕業でしょう、って言うんだけど、サリナは笑うだけ。JCIAでは、実行するごく少数の人間に情報を限っている。お互いの活動は知らされていないそうだ。
 
 翌日、俺は、眉子叔母さんを空港に送っていった。
 叔母さんは、朝から元気がなかった。バルセロナの祖父母に会うのは、やっぱり、気が重いんだろう。
 それなのに、
「だいじょうぶ? ひとりでちゃんと暮らせる? 食事をきちんととるのよ」
 十五歳の妹に心配されてしまった。
 出国審査へ向かう時間になった。
 俺は、眉子叔母さんを抱き寄せる。
 でね、俺、勇気奮ってキスしたの。
 あのマインドコントロールの夜以来の、初めてのキス。
 叔母さんはね、ちょっと驚いたのかな。からだを硬くしていた。
 俺、唇を離して、言ったのよ。
「これからは、俺が、叔母さんの後見人になるよ。今度は、俺が守ってみせる」
 カッコつけすぎたかな。
 眉子叔母さんは、アゴを軽くつきだした。例の表情。そうだな、誰かに守ってもらいたがるような性格じゃなかった。
 俺、笑われるかと思った。
 そしたらね、叔母さんは、背伸びしたの。
 俺の頭の後ろに手を回して、そっとキスを返してくれた。
 何も言わずに、出国ゲートへ向かう。
 俺は、その場で立ったまま見送る。
 叔母さんの背中が揺れて動いている。いつか俺が尾行していた、あの後ろ姿。
 
「高橋、種目も、距離も限定しないで、オールラウンドの練習をしてみよう」
 ジョッグしながら、コーチが言った。
「この前のだな、あの最初のときのだ。あの疾走とジャンプ力とを見れば、三千障害もいいかもしれない」
 そんな、古い話をしないでほしい。
「目標としてはだな、まず、百メートルからマラソンまでの、すべての日本記録を塗り替えよう。強く願えば、すべてはかなう」
 コーチはニヤッとした。
 それって、MSUじゃないの。こんなこと、コーチが言えるなんて。だって、この前までKSIに入るって言ってたんだぜ。
「いいですよ。やりましょう、オールラウンド」
 俺は、そう返事した。
 でもね、俺は、基本的には、百メートルをしたいって考えてる。だって、百メートルは、十秒でいいんだ。
 ドクターは過去を選択しろと言い、叔母さんは未来を生きろと言った。
 俺は、単純に、現在を生きようと思う。いつ、また記憶を失ってもいいように、この瞬間をせいいっぱいに生きる。
 だったら、いちばん短い距離にするのが、俺には合ってる。だって、十秒だけ記憶が続けば、百メートルは走れるんだ。まあ、半分冗談だけど。
 海からの風が、俺の背中を押す。
「そんなにスピードを上げなくていいよ。ロング・ジョッグなんだから」
「だいじょうぶですよ。絶好調なんで」
 そう、絶好調。
 俺の人生は、いま新たに始まったんだから。
 
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论