返回首页

小倉百人一首(44)

时间: 2017-01-10    点击:268进入日语论坛
核心提示:44、あふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも恨みざらまし中納言朝忠【歌意】 もしもあなたに逢うことがなかった
(单词翻译:双击或拖选)
 44、
あふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも恨みざらまし
中納言朝忠
 
【歌意】 もしもあなたに逢うことがなかったならば、あなたの無情を恨んだり自分の不幸を恨んだりすることもなかったろうに。
 
【作者】 (ちゅうなごんあさただ) 910~966年 藤原朝忠。三条右大臣?定方(さだかた)の五男。
 
【説明】 まれの逢瀬があり、それを期待するあまり、いらだたしい気持ちになって、相手のつれなさや自分の運命を恨んでしまう、という。」「世の中」「男女の仲」にかかる掛詞。わずかな逢瀬も許されない恋への絶望感を詠んだ歌。
 
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论