返回首页

小倉百人一首(47)

时间: 2017-01-10    点击:247进入日语论坛
核心提示:47、八重むぐら しげれる宿のさびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり恵慶法師【歌意】 雑草が幾重にも生い茂ったこの寂しい邸
(单词翻译:双击或拖选)
 47、
八重むぐら しげれる宿のさびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり
恵慶法師
 
【歌意】 雑草が幾重にも生い茂ったこの寂しい邸には、誰一人尋ねてこないけれど、秋だけは今年もまたいつものようにやって来てくれた。
 
【作者】 (えぎょうほうし) 10世紀後半の人。播磨国(兵庫県)の国分寺の僧侶。
 
【説明】 源融(みなもとのとおる)の邸宅だった河原院。風流をきわめたとされる河原院も、融の死後は荒れ果て、今は訪れる人もいなくなってしまったが、秋だけはきちんとやって来る、という。『源氏物語』の夕顔の巻の、荒廃した邸「某(なにがし)の院」のモデルともされている。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论
推荐内容
论坛新贴