返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 江户川乱步 » 正文

一枚邮票-下(1)

时间: 2021-09-10    进入日语论坛
核心提示:下 その翌日、――市で最も発行部数の多いと謂(い)われる、――新聞の夕刊に、左(さ)の様な単字五段に亙(わた)る長文の寄書が掲
(单词翻译:双击或拖选)

 その翌日、――市で最も発行部数の多いと()われる、――新聞の夕刊に、()の様な単字五段に(わた)る長文の寄書が掲載せられた。見出しは「富田博士の無罪を証明す」というので、左右田五郎(ごろう)と署名してある。

 私はこの寄書と同様の内容を有する書面を、富田博士審問の任に当られる予審判事――氏(まで)呈出した。多分それ丈で十分だとは思うが、万一、同氏の誤解或はその他の理由によって、一介の書生に過ぎない私のこの陳述が、暗中に葬り去られた場合を(おもんぱか)って、(かつ)又、有力なる其筋の刑事によって証明せられた事実を裏切る私の陳述が、仮令(たとえ)採用せられたとしても、事後に於て我が尊敬する、富田博士の冤罪(えんざい)を、世間に周知せしめる程明瞭に、当局の手によって発表せられるかどうかを慮って、(ここ)輿論(よろん)を喚起する目的の為に、この一文を寄せる次第である。
 私は博士に対して何等の恩怨(おんえん)を有するものでない、()だ、その著書を通して博士の頭脳を尊敬している一人に過ぎない。が、此度(このたび)の事件に(つい)ては、見す見す間違った推断によって(つみ)せられんとする我学界の長者を救うものは、偶然にもその現場に居合(いあわ)して、一寸した証拠物件を手に入れた、この私の外にないと信ずるが故に、当然の義務として、この挙に()でたまでである。この点について誤解のなからんことを望む。
 さて、何の理由によって、私は博士の無罪を信ずるか、一言(いちごん)以て尽せば、司法当局が、刑事黒田清太郎氏の調査を通して、推定した所の博士の犯罪なるものが、余りに大人気ないことである。余りに幼稚なるお芝居気に富んでいる事である。()寸毫(すんごう)の微と(いえど)も逃すことのない透徹(とうてつ)その比を見ざる大学者の頭脳と、此度の所謂犯罪事実なるものとを比較する時吾人(ごじん)如何(いかん)の感があるか。その思想の余りに隔絶せることに、寧ろ苦笑を禁じ得ないではないか。其筋の人々は、博士の頭脳が(つたな)き靴跡を残し、偽筆の手習反故を残し、毒薬のコップをさえ残して、黒田某氏に名を成さしめる程耄碌(もうろく)したというのか。さては又、あの博学なる嫌疑者が、毒薬の死体に痕跡を(とど)むべきことを予知し得なかったとでもいうのか、私は何等証拠を提出するまでもなく、博士は当然無罪なるべきものと信ずる。だからといって、私は以上の単なる推測を以て、この陳述を思い立つ程、無謀者ではないのである。
 刑事、黒田清太郎氏は、今赫々(かくかく)武勲(ぶくん)に、光り輝いている。世人は同氏を和製のシャーロック・ホームズとまで讃嘆している。その得意の絶頂にある所の同氏を、此処(ここ)奈落(ならく)の底まで叩き落すことは、私も余り気持がよくはない。実際、私は黒田氏が、我国の警察の仲間では、最も優れたる手腕家であることを信ずる。この度の失敗は、他の人々よりも頭がよかった為の(わざわい)である。同氏の推理法に(あやまり)はなかった。()だ、その材料となるところの観察に欠くる所があった。即ち綿密周到の点に於て私という一介の書生に劣って居ったことを、氏の為に深く惜むものである。
 それはさて置き、私が提供しようとする所の証拠物件なるものは、左の二点の、極くつまらぬ品物である。

轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

热门TAG:
[查看全部]  相关评论