返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日语随笔集 » 正文

「未来への二人三脚」

时间: 2017-09-06    点击:235进入日语论坛
核心提示:平成六年六月十三日、天使は大きな荷物を背負って誕生した。僕には全身に運動神経の麻痺があり「一生は話すことも自分で何かする
(单词翻译:双击或拖选)
平成六年六月十三日、天使は大きな荷物を背負って誕生した。僕には全身に運動神経の麻痺があり「一生は話すことも自分で何かすることも出来ない。」と医師に宣告を受けた。母は目の前が真っ暗になり号泣した。でも負けたくなかった。そして「この子を自立させるまで絶対に諦めない!」と僕を抱き締めた。
ここから悪戦苦闘の日々と僕達の二人三脚が始まった。神経の麻痺は怪物だった。感覚が分からなければ訓練が進まない。自立への道は至難の業だ。それでも、人間の底知れぬ力を信じて一つひとつ立ち向かった。
その後、数々の奇跡が起きた。僕の中で一番の勲章は、漢検三級に合格したことだ。これには医師も驚嘆した。苦労したのは、鉛筆を握ること。直線や曲線・止めやはねやはらい・消しゴムなどで、欄に記入する時は息を止めて書いた。
小学校入学時から毎日三時間文字練習し、小五で大きな字をテストに書けるようになり、中二から漢検に挑戦し始めた。
十級から四級まではスムーズに合格できたが三級で挫折した。精一杯努力して書いた字が認められなかったからだ。そんな僕の心を繋ぎ合わせてくれたのは「成長のチャンスだよ。」という母の言葉だった。そして体幹を鍛え続けた。
だが二回目も落ちた。僕は砂漠に置き去りにされた気分で、途方に暮れた。そんな僕に母は「ここで諦めたら今までの努力が水の泡だよ!自分で決めたことは最後までやり通せ!」と叱咤激励した。悔しくて奮起した僕は、腹筋五百回を熟し、合格を手にした。
僕と母は譲れない想いをぶつけ合い、涙のエネルギーを笑顔に変えた。言葉では語り尽くせない、壮絶な戦いから生まれた絆だ。
現在も自立訓練を続けながら、共生社会やバリアフリーをテーマにボランティア活動をしている。僕の背負った荷物が、少しずつ幸せに変わる、そんな未来を信じているから!
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论