返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日语文章书写要点 » 正文

书写要点(21)-漢字と仮名の使い分け

时间: 2014-10-31    点击:318进入日语论坛
核心提示:漢字と仮名の使い分け悪い例①大勢の子供達に囲まれた。②午前三時迄起きていた。③五月五日頃にお会いしましょう。○よい例①子
(单词翻译:双击或拖选)
 漢字と仮名の使い分け
 
×悪い例
①大勢の子供達に囲まれた。
②午前三時迄起きていた。
③五月五日頃にお会いしましょう。
 
○よい例
①子供たちに囲まれた。
②午前三時まで起きていた。
③五月五日ごろにお会いしましょう。
 
 悪い例としたものは、決して間違いではありませんが、たとえば①の場合、「子供」という文字に比べて「達」という文字が重過ぎます。主役であるほうの「子供」の文字が埋もれてしまう感じになります。複数形であることは軽く感じ取ってもらえばいいわけですから、さらりと仮名で書くほうが軽快です。とくに②の場合は、漢字が連続し過ぎて、見た目にもよくないですね。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论