返回首页
当前位置: 首页 »走进日本 » 日本历史简介 » 正文

安土桃山時代

时间: 2014-04-22    点击:1449进入日语论坛
核心提示:安土桃山時代織田信長は室町将軍足利義昭を放逐し、室町幕府に代わる畿内政権を樹立した。しかし、信長が本能寺の変により滅ぼさ
(单词翻译:双击或拖选)
安土桃山時代
 
織田信長は室町将軍足利義昭を放逐し、室町幕府に代わる畿内政権を樹立した。しかし、信長が本能寺の変により滅ぼされると、天下統一の事業は豊臣秀吉が継承することとなった。
 
秀吉は、信長の畿内政権を母体として東北から九州に至る地域を平定し、統一事業を完了した。秀吉もまた中世的支配体系?支配勢力の排除?抑制に努め、太閤検地の実施を通して荘園公領制?職の体系を消滅させ、これにより中世は終焉を迎えた。秀吉は朝鮮への出兵を実行したが、その最中に死去。後継者問題も抱えていた豊臣政権は弱体化していった。
 
秀吉による天下統一により、政治や経済の安定がもたらされると大名?武士を中心として豪壮な桃山文化が栄えた。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(1)
100%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论