返回首页
当前位置: 首页 »日语考试 » 日语初级阅读理解 » 正文

初级阅读(363)

时间: 2017-07-08    点击:243进入日语论坛
核心提示:A メールの「気楽」効果は、日本人にとっては「効率性」よりも重視されている。 たとえば、アポイント調整など、メールでやり取
(单词翻译:双击或拖选)
  メールの「気楽」効果は、日本人にとっては「効率性」よりも重視されている。
  たとえば、アポイント調整など、メールでやり取りするより電話のほうがどう考えても効率的なケースでもメールを使う人が多い。
  ケースによっては、相手がそれほど親しくなく、メールで会いたい理由や主旨などを説明してアポイントをもらうという、メールならではの活用のやり方もあるが、そうでないケースでも、昨今はメールでアポイントのやり取りをするケースが増えている。
  これは、やはり、電話でお願いするよりもメールのほうが「気楽」という日本人の「相手主体」言語文化が原因である。まったくもって、メールは日本の社会にしっかりと根づいている。
(大塚寿、姥谷芳昭「伝わる化:コミュニケーションを征する者がビジネスを征す」による)
  メール全盛の時代である。メールは話し言葉の復活にとって大きな障害である。
  電話の方が、多くの情報を提供することができる。しかも早い。これが話し言葉のよさである。メールは書く行為であるから、時間と手間がかかるし、情報発信量は限られている。その上、忙しい時には、書くこと自体が面倒であり、時間も取られるので、後回しにするか、手を抜く場合がある。
  電話だとしゃべるだけであるから楽であり、同時に、多くの情報を提供できる。その上、電話の主と意見の一致やウマがあったりすると、過剰サービスをする時もある。これが肉声のよさである。
(北岡俊明「オバマ演説に学ぶスピーチ力:オーラル原稿のすすめ」による)
 
1、Aはメールの効果について、どう述べているか。
①親しくない相手にもメールを送ることができるので、とても効率的だ。
②メールは、電話より効率的ではないが、お互い心理的には楽だ。
③メールでは言いにくいことや複雑なことを簡潔にまとめて送ることができる。
④メールを活用すれば、効率よくアポイントを調整できる。
 
2、AとBのどちらの文章にも触れられている内容はどれか。
①メールよりも電話のほうが効率的な交流手段である。
②電話よりもメールのほうが日本人の言語手段である。
③メールよりも電話のほうが時間と手間がかかる。
④電話よりもメールのほうが気楽だと思われる。
 
3、メールでの交流について、Aの筆者とBの筆者はどのような立場を取っているか。
①AもBも、ともに明確にしていない。
②AもBも、ともに批判的である。
③Aは批判的であるが、Bは容認している。
④Aは容認しているが、Bは批判的である。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论