返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 名作のあらすじ » 正文

夜明け前 ~島崎藤村

时间: 2014-07-28    点击:930进入日语论坛
核心提示:◆夜明け前 ~島崎藤村作者の故郷、中仙道の木曾・馬籠宿がおもな舞台。父・島崎正樹(作品では青山半蔵)の生涯をたどりながら
(单词翻译:双击或拖选)
 ◆夜明け前 ~島崎藤村

    作者の故郷、中仙道の木曾・馬籠宿がおもな舞台。父・島崎正樹(作品では青山半蔵)の生涯をたどりながら、明治維新前後のあわただしい世相を描いた作品。主人公の半蔵は、馬籠宿で17
代続いた本陣・庄屋の当主だが、平田派の国学に心酔し、尊皇攘夷への激情をおさえかねていた。やがて明治維新を迎え、待ち望んだ王政復古の実現を信じて歓喜する。しかし、文明開化を急ぐ時潮に理想を裏切られた半蔵は、絶望のあまり彷徨をたどり、憂悶のはてに狂人となり、座敷牢の中で56歳の生涯を終える。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论