返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 成語故事 » 正文

漁夫の利

时间: 2018-04-25    点击:249进入日语论坛
核心提示:漁夫の利(ぎょふのり)意味:人と人とが争っている間に、第三者が利益を得てしまうことのたとえ。戦国時代、趙(ちょう)が燕(
(单词翻译:双击或拖选)
漁夫の利(ぎょふのり)
 
意味:人と人とが争っている間に、第三者が利益を得てしまうことのたとえ。
戦国時代、趙(ちょう)が燕(えん)を攻めようとした。
 
蘇代(そだい)は燕のために趙の恵王(けいおう)に言った。
 
「いましがた、私がこちらへ参りますとき、 易水(えきすい)を通りましたところ、 ちょうど、カラス貝が一匹、日光浴をしておりました。 するとそこへ、シギが一羽飛んで参りまして、 カラス貝の肉をついばもうとしました。 カラス貝は急いで殻を閉じて、シギのくちばしを挟みました。 シギが申します。
『今日も雨が降らず、明日も雨が降らねば、死んだカラス貝が一匹出来上がるだろうな』
カラス貝も言いました。
『今日もくちばしを出せず、明日も出せなかったら、ここに死んだシギができるのは間違いないな』
両者とも讓ろうとしません。 そこへ漁師がやってまいりまして、二匹とも捕まえて行ってしまいました。
ところで今、趙は燕を討とうとしております。燕と趙が長い間攻めあい、 民衆が疲弊すれば、強国の秦が漁師となるのではないかと私は心配しております。 どうか、王におかれてはこのことをよくよくお考えください」
 
恵王は、
 
「なるほど」
 
と言い、燕征伐を取りやめた。
 
【戦国策・燕策】
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
  • 上一篇:杞憂
  • 下一篇:暂无
[查看全部]  相关评论
推荐内容
论坛新贴