返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 《孟子》中日对照 » 正文

公孫丑章句下(一)

时间: 2017-03-27    进入日语论坛
核心提示:孟子曰、天時不如地利、地利不如人和、三里之城、七里之郭、環而攻之而不勝、夫環而攻之、必有得天時者矣、然而不勝者、是天時不
(单词翻译:双击或拖选)
孟子曰、天時不如地利、地利不如人和、三里之城、七里之郭、環而攻之而不勝、夫環而攻之、必有得天時者矣、然而不勝者、是天時不如地利也、城非不高也、池非不深也、兵革非不堅利也、米粟非不多也、委而去之、是地利不如人和也、故曰、城民不以封疆之界、固國不以山谿之險、威天下不以兵革之利、得道者多助、失道者寡助、寡助之至、親戚畔之、多助之至、天下順之、以天下之所順、攻親戚之所畔、故君子有不戰、戰必勝矣。
 
孟子は言う。
「天の時は地の利にしかず、地の利は人の和にしかず。本城が三里(約1.2km)、外郭を加えた総構が七里(約2.8km)の城があるとしよう。これを包囲して攻撃しても勝てないときがある。だが包囲戦をしている間には、必ず天の与えたチャンスがいつかはあったはずだ。なのに勝てないのならば、その理由は天の与えたチャンスは地の利(「地形の勢い」という意味だが、もっと一般的に「トータルな客観的状況」と考えてもいいかもしれない)を覆すことができない、ということだ。さらに、城壁が高いわけでもなく、堀が深いわけでもなく、兵も精鋭でなくて武器も強力でなく、その上兵糧も充分でない。それなのに敵が包囲を解いて退却せざるをえないのならば、その理由は地の利は人の和を覆すことができない、ということだ。ゆえに、『人民を留め置くのに国境を封鎖する必要はない。国を守るのに山谷の険阻を頼みにする必要はない。天下を威服させるのに兵の精鋭と武器の強力は必要ない』と言われるのだ。仁義の道を得ている者には助けが多い。一方仁義の道を失った者には助けが少ない。助けが少なくなった極みには、親戚までもが離反する。一方助けが多くなった極みには、天下までもが従う。天下が従う者が、親戚までも離反する者を攻める。必勝だ。だから、君子は戦わないのを尊ぶが、いざ戦えば必ず勝つ。」
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

[查看全部]  相关评论