返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 《孟子》中日对照 » 正文

公孫丑章句下(十一)

时间: 2017-03-27    进入日语论坛
核心提示:孟子去齊宿於晝、有欲爲留行者、坐而言、不應、隱几而臥、客不悦曰、弟子齊宿而後敢言、夫子臥而不聽、請勿復敢見矣、曰、坐、我
(单词翻译:双击或拖选)
孟子去齊宿於晝、有欲爲留行者、坐而言、不應、隱几而臥、客不悦曰、弟子齊宿而後敢言、夫子臥而不聽、請勿復敢見矣、曰、坐、我明語子、昔者魯繆公無人乎子思之側、則不能安子思、泄柳申詳無人乎繆公之側、則不能安其身、子爲長者慮而不及子思、小絶長者乎、長者絶子乎。
 
孟子は斉を去り、斉都近郊の昼(ちゅう)に宿泊していた。斉王の意を受けて孟子一行を引きとめようとする者があって、会見に及んだ。対座してその旨を孟子に告げた。孟子は何も応えず、肘掛けにもたれて横になったままだった。客はムッとして言った、
客「それがしがこうしてつつしんでお話し申し上げているのに、先生は寝たまま聴こうともなさらん!もうだめだ、二度とお会いしません!」
孟子「『坐れい。余が明らかに君に語ろう』(儒教の塾で、先生が弟子に教えを垂れる時の決り文句であると思われる)。昔魯の繆公(ぼくこう)は、子思(しし。孔子の孫で、孟子の直系の師)のそばに誰かしかるべき人をつけなければ、子思を引き止められるかどうかと心配でならなかった。また賢者の泄柳(せつりゅう)と申詳(しんしょう)は、繆公のそばに(子思のような)しかるべき人がいなければ、心配でならなかった。君は、この老体のために配慮するところたるや子思の時代の例に及ばない。今、君がこの老体を見捨てようとしているのか、それともこの老体が君を見捨てようとしているのか?」
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论