返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 《孟子》中日对照 » 正文

公孫丑章句上(四)

时间: 2017-03-27    进入日语论坛
核心提示:孟子曰、仁則榮、不仁則辱、今惡辱而居不仁、是猶惡濕而居下也、如惡之、莫如貴徳而尊士、賢者在位、能者在職、國家閒暇、及是時
(单词翻译:双击或拖选)
孟子曰、仁則榮、不仁則辱、今惡辱而居不仁、是猶惡濕而居下也、如惡之、莫如貴徳而尊士、賢者在位、能者在職、國家閒暇、及是時明其政刑、雖大國必畏之矣、詩云、迨天之未陰雨、徹彼桑土、綢繆牖戸、今此下民、或敢侮豫、孔子曰、爲此詩者、其知道乎、能治其國家、誰敢侮之、今國家閒暇、及是時般樂怠敖、是自來禍也、禍福無不自己來之者、詩云、永言配命、自求多福、太甲曰、天作孽、猶可違、自作孽、不可活、此之謂也。
 
孟子は言う、
「仁ならば栄えるし、不仁ならば辱めを受ける。今、辱められるのを憎むのに不仁であるならば、それは譬えるならば湿り気を憎みながら低湿地にいるのと同じことだ。それがいやならば、徳を尊んで高潔の士を尊ぶよりあるまい。賢者がしかるべき位にあり、能力あるものがしかるべき職に就き、国家にゆとりがあるとき、そういったときこそ国の刑政を明らかにすれば、たとい大国であっても恐れて付け入る隙も無い。詩経にこうある、
(小鳥の歌。)
陰々とした雨の降る前から、
わしは桑の根から土を取って、
こうして巣をつくろい整えたんだ、
下界の人間どもも、わしの巣を
よもやばかにできめえ、大事な宝なのさ
 
(豳風(ひんふう)『鴟鴞』(しきょう)より。「ひん」は「山」の中に「豕」を2つ入れる。「きょう」は号+鳥。)
 
孔子はこの詩について、『この詩を作った者は、道を知るものであろう』と批評した(周公の作といわれる)。よく国家を治めれば、誰がその国をばかにできようか。今、国家にゆとりがあるとき、そういったときに遊び呆けて怠けたならば、それは自らわざわいを望むというものだ。禍福は己よりこれを求めざるはなし。詩経にこうある、
 
とこしえに天命に従い
みずから福多きを求めよ
 
(大雅『文王』より)
 
と。また、書経『太甲篇』にこうある、
 
天の下すわざわいはまだ避ける道もあろうが、
みずから成せるわざわいは逃れる道はない
 
と。これらの言わんとすることは、まさに今言ったことだ。」
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

[查看全部]  相关评论