返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 《孟子》中日对照 » 正文

公孫丑章句下(七)

时间: 2017-03-27    点击:245进入日语论坛
核心提示:孟子自齊葬於魯、反於齊、止於嬴、充虞請曰、前日不知虞之不吉、使虞敦匠、事嚴、虞不敬請、今願竊 有請也、木若以美然、曰、古
(单词翻译:双击或拖选)
孟子自齊葬於魯、反於齊、止於嬴、充虞請曰、前日不知虞之不吉、使虞敦匠、事嚴、虞不敬請、今願竊 有請也、木若以美然、曰、古者棺 無度、中古棺七寸、椁稱之、自天子逹於庶人、非直爲觀美也、然後盡於人心、不得、不可以爲悦、無財、不可以爲税、得之爲有財、古之人皆用之、吾何爲獨不然、且比化者無使土親膚、於人心獨無校乎、吾聞之、君子不以天下檢其親。
 
孟子は母親が死んだので、斉から故郷の魯に戻って葬った。再び斉に帰る途中、嬴(えい。山東省)に寄留した。弟子の充虞(じゅうぐ)が質問した。
充虞「先日はそれがしのような不才者に母君の棺調製をお命じになられました。ご葬儀の最中はあまりに手が混んでいたのでおたずねできませんでしたが、今少々おたずねしたいことがございます。その、棺のための木材があまりにも豪勢すぎはしませんでしたか?」
孟子「古代には棺の規格に決まりはなかった。周代になって棺の材は厚さ七寸、まわりの外棺も同様とされた。これは上は天子から下は庶民まで共通の規格であった。こんなにも豪勢だったのは、見てくれを華々しく飾ることだけが目的だったのではない。ここまでやることによって、初めて人は親への情を示すことができたからなのだ。国法によってやむなく禁止されていたり、材木が得られなくて作れなかったりしたこともあっただろうが、それでは人は情愛を十分に満足させることができなかった。昔の人は、禁止もされず材木も調達できたならば、皆この規格で棺を作ったのだ。わしだって、やらんわけにはいかんだろうが。親の肉体が滅び去るまで土が親の肌に触れないように、棺を立派に作る。人の心の情を満足させるやり方ではないか。余はこう聞いている。『君子は天下のためといって、その親にケチったりはしない。』」
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论