返回首页
当前位置: 首页 »走进日本 » 日本文化简史 » 正文

化政文化

时间: 2018-03-29    进入日语论坛
核心提示:化政文化の特徴化政文化は、江戸時代の後期(19世紀初め)に栄えた文化です。寛政の改革後から天保の改革の頃までの期間になり
(单词翻译:双击或拖选)
化政文化の特徴
 
化政文化は、江戸時代の後期(19世紀初め)に栄えた文化です。寛政の改革後から天保の改革の頃までの期間になります。
江戸時代のもう一つの文化である元禄文化が上方(大阪、京都)中心だったのに対し、化政文化は江戸が中心の町人文化となりました。
また、化政文化は、世の中に対しての風刺や皮肉が好まれ、狂歌や川柳が数多くつくられたことも特徴です。
 
化政文化のポイント
 
江戸文化
町人中心
狂歌や川柳など風刺や皮肉が好まれる
元禄文化の約1世紀後に栄えたのが化政文化です。どちらも町人文化ですが、元禄文化は上方中心だったのに対し、化政文化は江戸中心です。
 
交通網の整備などもあり、江戸の文化が地方にまで広まったのも特徴です。
 
化政文化の代表作品など
 
小説 … 「東海道中膝栗毛」(十返舎一九)
小説 … 「南総里見八犬伝」(滝沢馬琴)
俳諧 … 小林一茶、与謝蕪村
浮世絵 … 「美人画」(喜多川歌麿)
浮世絵 … 「富嶽三十六景」(葛飾北斎)
浮世絵 … 「東海道五十三次」(歌川広重)
浮世絵では錦絵と呼ばれる多色刷りの技術が進みました。また、伊能忠敬が日本全図を作ったのもこの頃です。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(1)
100%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论