返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 《孟子》中日对照 » 正文

公孫丑章句下(十三)

时间: 2017-03-27    点击:295进入日语论坛
核心提示:孟子去齊、充虞路問曰、夫子若有不豫色然、前日虞聞諸夫子、曰、君子不怨天、不尤人、曰、彼一時、此一時也、五百年必有王者興、
(单词翻译:双击或拖选)
孟子去齊、充虞路問曰、夫子若有不豫色然、前日虞聞諸夫子、曰、君子不怨天、不尤人、曰、彼一時、此一時也、五百年必有王者興、其問必有名世者、由周而來、七百年有餘歳矣、以其數則過矣、以其時考之則可矣、夫天未欲平治天下也、如欲平治天下、當今之世、舎我其誰也、吾何爲不豫哉。
 
孟子は斉を去った。弟子の充虞(じゅうぐ)が道々に質問した。
充虞「先生は浮かぬ顔をしておられるようです。先日それがしは先生からこううかがいました、『君子は天を怨まず、人をとがめず』と。(なのに、なぜそのように沈みます?)」
孟子「あの時はそう言った。だが今は別のことを考えているのだ。思うに天下は五百年ごとに必ず王者が現れて、その時必ず後世にまで聞えた人物が王のそばにいたものだ。今、周建国からこのかた、七百年余り経った。年数からみれば過ぎてしまっている。だが時代の要請から見れば、今こそ王者が出てもおかしくない。ああ、天はまだ天下を平らかに治める意志がないようだ。もし天下を平らかに治める意志があるのならば、現代において余以外に誰が王者を補佐する人物がいようか?きっとそうなのだ、余は沈んだりはしないさ。」
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论