返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本の昔話 » 正文

つぼを買う

时间: 2016-12-21    进入日语论坛
核心提示: むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。 ある日、吉四六さんのお母さんが吉四六さんに言いました。「
(单词翻译:双击或拖选)
 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 ある日、吉四六さんのお母さんが吉四六さんに言いました。
「吉四六や、うめぼしを入れるつぼを買って来ておくれ」
「わかった」
 吉四六さんが、すぐに出かけようとすると、
「ちょっとお待ち。あんたはそそっかしいから、つぼを買う前に落ちついてよく調ベてみるのですよ」
「はい、気をつけて買います」
と、吉四六さんは頷いて、家を出ました。
 
 町へやって来ると、大きな瀬戸物屋(せとものや)がありました。
 吉四六さんは、中へ入って言いました。
「ごめんなさい。つぼを一つ下さい。うめぼしを入れるつぼです」
 すると瀬戸物屋のおばさんは、店先で本を読みながら、
「いらっしゃい」
と、言っただけで、吉四六さんの方を振り向きもしません。
「つぼなら、そこに並んでいるから見て下さいな」
「はい、わかりました」
 吉四六さんは、店の中を見回しました。
 なるほどそこには、つぼがたくさん並べてあります。
 でも、どのつぼも口を下にして、底の方を上にしています。
 それを見ると吉四六さんは、不思議そうに首を傾げて、
「おばさん、ここにあるつぼは、みんな口のないつぼですね」
と、言いました。
 おばさんは、本を読みながら言いました。
「ひっくり返してごらんなさいよ」
 吉四六さんは言われた通りに、つぼをひっくり返してみました。
 すると今度は、もっとビックリした様な顔になって、
「あれれ? 底に穴が開いている。このつぼは口がなくて、おまけに底もないつぼだ」
と、言いました。
 吉四六さんは、つぼの口と底とを間違えたのですが、それに気がつきません。
「ここのつぼは、みんな駄目だ」
 吉四六さんはそう言うと、そのまま店を飛び出して家へ帰って来ました。
「お母さん、瀬戸物屋へ行きましたが、駄目なつぼばかりなので買って来ませんでしたよ」
「おや? なぜ駄目だったの?」
「はい。どのつぼもみんな、口も底もない物ばかりだったのですよ。あんなつぼを作った人は、よっぽどの慌て者ですね」
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论