返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 天声人语 » 正文

七七事变 八十周年

时间: 2017-07-11    点击:209进入日语论坛
核心提示:たとえ軍から依頼された映画であっても、戦争の実相を何とか伝えたい。そう考え、行動した監督が日中戦争のさなかにいた。亀井文
(单词翻译:双击或拖选)
たとえ軍から依頼された映画であっても、戦争の実相を何とか伝えたい。そう考え、行動した監督が日中戦争のさなかにいた。亀井文夫が1939年に完成させた記録映画「戦ふ兵隊」には、戦火に追われ逃げる中国の人びとが延々と映し出される。
 
即便是军队委托拍摄的电影,也有将战争真相告诉人们的考量。如此思考并付诸行动的导演在ribemqinl中国的战争期间也是存在的。龟井文夫于1939年拍摄完成的纪实电影《战斗的军队》中出现了大量为逃避战火而奔逃的中国人。
 
日本軍に火を放たれた家屋があり、破壊された町並みが見える。一方で戦死した兵士に届いた手紙を戦友が読み上げる場面もある。この戦いは「誰の利益にもならない無駄なことなのだ」と、亀井は後に書いている。それを観客がくみ取れる映画にしたかったという(『たたかう映画』)。
 
其中,既能看到日本士兵放火烧房子的场景,也有看到成片化为废墟的街道。此外还有战友们阅读送给战死同僚的书信的画面。这场战争“不会给任何人带去利益,一切都是徒劳的。”龟井在拍摄完成后如此写道。他希望这部电影能带给观众一些感悟。
 
しかし映像が当時の人びとの目に触れることはなかった。「銃後の戦意をくじく」として上映が禁止になった。しばらくして亀井が治安維持法違反容疑で逮捕される際の理由にもなった。
 
但是当时的人们没能看到这部电影。“消弱持枪士兵的士气”,当局以此为由封杀了它。不久,龟井也因为涉嫌违反治安维持法而被捕,理由就是这部电影。
 
中国大陸での戦争の実像は、徹底的に隠された。しかし戦後も、それが広く共有されたと果たして言えるだろうか。
 
发生于中国大陆的战争实况被彻底地隐瞒了。但是战后,其真实情况是否已为各国承认了呢?
 
日中戦争のきっかけとなった盧溝橋事件から、7日で80年になった。東京都内で開かれたシンポジウムで印象に残った言葉がある。「これは、語れない戦争なんです」。略奪や虐殺があったがために家族に話すことがはばかられる。だから日中戦争の記憶が薄れているのだと、山田朗(あきら)・明治大学教授が訴えていた。
 
那场中日战争的导火索是卢沟桥事变,而今年七月七日正是其爆发90周年。在东京都曾经举办过与此有关的座谈会,有些话语至今令我印象深刻。“这是一场无法用言语表述的战争。”参战的旧军人根本难以启齿谈及这场为抢夺和残杀而存在的战争。正因为这样,有关的记忆才会日渐淡薄,明治大学教授山田朗如此认为。
 
原爆や空襲の経験ですら語り継ぐのは簡単ではない。ましてや加害の過去を胸に刻むのは大きな痛みを伴う。それでも避けて通れない道であろう。愚行を将来、繰り返さないためには。
 
它无法像核爆和空袭经历那样能轻易地讲出来。更何况要牢记那段残害他人的记忆往往会伴随着巨大的伤痛。即便如此,我们也只有直面一途。为了不在未来重复这一愚蠢的行径。
 
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论