返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 芥川比呂志 » 正文

決められた以外のせりふ118

时间: 2019-01-08    进入日语论坛
核心提示:山盛りの蚕豆《そらまめ》 蚕豆が小皿にのって、澄まして出てくると、がっかりする。 子供のころ私の家では、おやつに、蚕豆を
(单词翻译:双击或拖选)
 山盛りの蚕豆《そらまめ》
 
 
 蚕豆が小皿にのって、澄まして出てくると、がっかりする。
 子供のころ私の家では、おやつに、蚕豆をよくたべた。大きなどんぶりに、山盛りにした塩ゆでの蚕豆を、お茶をのみながら、みんなでたべる。脇に盆をおいて、皮はその中へ入れる。たべ終ると、盆の方が山盛りになる。
 そういう風に、惜しみなく、という感じでたべないと、蚕豆はうまくない。錦手の小鉢かなんかに、ちょいと八、九粒、いかにもはしりめいた小柄なのがおさまっていると、へんな気がする。そんな、御大層な豆ではない。
 枝豆も、おやつになることがあった。しかし枝豆は、ときどき、いやなにおいのするやつがあり、うっかりそれを噛むと、とんでもないことになるので、あまり好きではなかった。蚕豆には、そういうことがないのはなぜだろう。
 一体に、大正末年、昭和初年の東京のおやつは、ずいぶん質素なものだったという気がする。
                                               ——一九六〇年六月 週刊文春——
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论