返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日文古典名著 » 雨月物語 » 正文

白峯 二

时间: 2017-12-05    进入日语论坛
核心提示:この里ちかき白峰といふ所にこそ、新院(しんゐん)の陵(みささぎ)ありと聞きて、拝(をが)みたてまつらばやと、十月(かみなづき)は
(单词翻译:双击或拖选)
この里ちかき白峰といふ所にこそ、新院(しんゐん)の陵(みささぎ)ありと聞きて、拝(をが)みたてまつらばやと、十月(かみなづき)はじめつかた、かの山に登(のぼ)る。松柏(まつかしわ)は奥深く茂(しげ)りあひて、青雲(あをぐも)の軽(た)靡(なび)く日すら小雨(こさめ)そぼふるがごとし。
  
児(ちご)が獄(だけ)といふ嶮(けは)しき獄(みね)背(うしろ)に聳(そばだ)ちて、千仞(せんじん)の谷底(たにそこ)より雲(くも)霧(きり)おひのぼれば、咫尺(まのあたり)をも鬱悒(おぼつかなき)ここ地(ち)せらる。
 
木立(こだち)わづかに開(すき)たる所に、土高(つちたか)く積(つみ)たるが上に、石を三(みつ)がさねに畳(たた)みなしたるが、荊蕀(うばら)薜蘿(かづら)にうづもれてうらがなしきを、これならん御墓(みはか)にやと心もかきくらまされて、さらに夢(ゆめ)現(うつつ)をもわきがたし。
 
 
現代語訳
この里に近い、白峰という所に、崇(す)徳(とく)院の御陵(おはか)があると聞いて、拝み申し上げようと思い立ち、十月の初旬ごろその山に登った。松や柏が薄暗いまでに奥深く茂りあっていて、白雲がたなびく晴天の日さえ小雨がそぼ降るような感じである。
 
児(ちご)が獄(だけ)という険しい峰が背後にそそり立ち、その深い谷底から雲(き)霧(り)が這(は)い上がると、目の前さえおぼつかない不安な気持ちになる。
 
木立がわずかに隙(す)いた所に土を盛り上げ、三重の石を築き重ねただけの塚が、野(の)茨(いばら)や蔓草(つるくさ)などに埋もれているのを見たときは、なんとなく悲しくなり、「これがお墓であろうか」とあまりのことに心も真っ暗にかきくらまされ、まったく夢・現(うつつ)とも判然としなかった。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

[查看全部]  相关评论