返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 世界の昔話 » 正文

月の見ていた話 二夜

时间: 2017-12-07    点击:281进入日语论坛
核心提示: こんばんわ。 わたしは、高い空の上にいる月です。 タ方から朝になるまで、いろんな国のいろんなところをながめます。 では
(单词翻译:双击或拖选)
 こんばんわ。
 わたしは、高い空の上にいる月です。
 タ方から朝になるまで、いろんな国のいろんなところをながめます。
 では、ゆうべ見たことを話してあげましょう。
 それは、暗くなったばかりのころです。
 ある家の庭を見おろしていると、すみのほうにニワトリ小屋がありました。
 そのまわりを小さい女の子が、バタバタかけまわっているのです。
 小屋の中には、お母さんどりが一羽と、ヒヨコが十一羽いました。お母さんどりは、こわがるヒヨコたちを羽の下にかくしてオドオドしています。
(ニワトリたちは、眠っているところを起こされて、どんなにビックリしただろう)
と、わたしは思いました。
 コッ、ココッ、ココッと、お母さんどりは、鳴きさけびます。
 きっと、
「むこうへいったらあぶないよ。お母さんのそばを、離れるんじゃありませんよ」
と、ヒヨコたちにいっているのでしよう。
 小さい女の子は、かけまわったり、金あみをゆすったりします。
 ニワトリたちが、かわいそうです。
 でも、わたしは高い空にいるのです。
 女の子を、とめることはできません。
 そこへ、家の中からお父さんらしい人がとびだしてきました。
 お母さんどりのさけび声を、聞きつけたのでしょう。
「これ、およし。寝ているところを、おいたしちゃいけないよ」
 お父さんは、女の子を連れて家の中へはいりました。
 わたしは、ホッとしました。
 ところが、きょう、夜になってからです。
 わたしはきのうの、あのトリ小屋のある庭を見ていたんですよ。
 もう、ヒヨコもお母さんどりも、とっくに小屋の中で眠っていました。
『そろそろ、人間たちも眠るころだな』
 わたしが、そう思ったときです。
 家の中から、きのうの小さい女の子がまた出てきたのです。
 女の子は、そろりそろりと、トリ小屋へ近づいて戸をあけると、中へ入っていくではありませんか。
 眠っていたお母さんどりも、ヒヨコたちもビックリ。
 鳴きながら、パタパタと小屋の中を逃げまわります。
 小さい女の子は、お母さんどりの行くほうへ、クルクル追いかけます。
『なんて、しようのない子だ。眠っているトリをいじめるなんて!』
 わたしは、おこりたくなりました。
 でも、空にいる月なので、やっぱりどうすることもできません。
 ハラハラしていると、お父さんがやってきて、女の子をつかまえました。
「よしなさい。だめじゃないか。きのういい聞かしたのに、またニワトリをいじめたりして」
 お父さんがこわい声でしかると、女の子は涙を浮かべました。
「さあ、いってごらん。どうしてニワトリをいじめるんだい?」
 お父さんがたずねると、女の子は、わっと泣きだしました。
「ちがうわ。いじめたりなんかしないわ。わたし、お母さんどりにあやまりにきたの。きのう追いかけたから、ごめんなさいねって、キスしようと思ったのよ」
「そうか、そうだったのか」
 お父さんはニッコリして、女の子のひたいにやさしくキスしました。
『ああよかった。あの子はやっぱり、いい子だったんだ』
 わたしも、うれしくなりました。
 それで高い空から、女の子を明るくてらしてやりました。
 
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论
推荐内容
热点内容
论坛新贴