返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 天声人语 » 正文

炎炎夏日 旅行读书

时间: 2017-07-11    点击:274进入日语论坛
核心提示:断言していいが、本は読む場所によって表情を変える。机の上ではいかめしく取っつきにくかった1冊が、静かな喫茶店に持ち込むと
(单词翻译:双击或拖选)
断言していいが、本は読む場所によって表情を変える。机の上ではいかめしく取っつきにくかった1冊が、静かな喫茶店に持ち込むとやさしく語りかけてくる。読みかけの本でも見知らぬ土地で開くと、新鮮な感じがしてくる。
 
如此断言也无不可,书会根据阅读的场合而改变表情。一本不适合摆上桌面严肃对待的书,反而很适合带进咖啡店。即便是读到一半的书,在从未来过的地区翻阅,也会令人倍感新鲜。
 
数冊をカバンに入れ、目的のない日帰り旅行をする。そんな楽しみがあると、書評家の岡崎武志さんが『読書の腕前』で書いている。夏休みなど学校の長期休暇のときに使える「青春18きっぷ」を手に、本を読むための旅に出る。
 
包里放几本书,然后漫无目的地去旅行。书评家冈崎武志先生在《读书能力》中称,这也是一种乐趣。他拿起在暑假等学校长假时阅读的《十八岁青春的门票》就去旅行了,也就是说他为了这本书,开启了一段行程。
 
ときにはページから目を離して車窓の景色を眺めたり、乗り込んできた学生服の集団の大声に耳を傾けたり。「移動しながら、それぞれの土地の空気を取り込みつつ、本も読むのである」。昔読んだ小説を読み返すのも、この旅には向いているという。
 
有时,他会把目光从书本移开,或欣赏窗外的景色、或倾听一群身着校服的学生的吵闹声。“一边走,一边感受各个地区的氛围。读书也是如此。”据说重读以前看过的书,也是因为向往那段旅程。
 
読書週間は秋だが、夏も本に親しむのにふさわしいと感じるのはなぜだろう。学校時代の読書感想文を引きずっているせいか。夏に盛んになる文庫本の宣伝に影響されているのか。いずれにせよ風の通りのいいところを見つけて好きな本を開くのは、何ともいえないぜいたくである。
 
读书周定在秋天,但为何我感觉夏天也很适合看书?或许是学校时代的读书感想之类文章的影响?或许是受文库文书籍集中在夏季宣传的诱导?不管这么说,寻一凉风习习之地翻开一本喜欢的书,总是一种享受。
 
寺山修司の句に〈肉体は死してびつしり書庫に夏〉がある。いまはこの世にいない著者たちの思索や魂に触れる。そんな読書は、ひと夏の間に一皮も二皮もむけたような気にさせてくれる。
 
寺山修司有诗云:“肉体身故,精神却长存;夏天文库书,满目皆书魂”。现在,我们可以通过书籍接触到已经身故的作者的思想与灵魂。这样的读书,能让人在夏日有脱胎换骨之感。
 
夏本番が近い。旅行を計画しているなら、お供の数冊を少し時間をかけて選びたい。読みたい本が見当たらない? それでは、旅先で出会う1冊に期待しよう。
 
酷暑将近。如果你计划去旅行,那么花费少许时间挑选几本书带上如何?真的找不到想看的书吗?那么,我期待你能在旅行地邂逅一本心仪的书。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论