返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 天声人语 » 正文

高中棒球 决赛开幕

时间: 2017-08-10    点击:286进入日语论坛
核心提示:甲子園で1勝をあげるのがいかに難しいか。それが切々と伝わってくるのが、盛岡大付属高校の監督だった沢田真一さんの著書『甲子
(单词翻译:双击或拖选)
甲子園で1勝をあげるのがいかに難しいか。それが切々と伝わってくるのが、盛岡大付属高校の監督だった沢田真一さんの著書『甲子園の負け方、教えます。』である。監督時代に春夏あわせ7度出場しながら、すべて初戦で敗退している。
 
要在甲子园获得一场胜利有多艰难?曾任盛冈大学附属高中棒球对教练的泽田真一先生在其著作《甲子园失败的方法,我教给你》对其进行了充分的描述。在他担任教练的时代,包含春夏赛季在内,一共出场7次,但全部都是初战告负。
 
負け方の一つが「舞い上がること」。試合前の慌ただしさに我を失い、選手へのちょっとした声掛けすら忘れたことがある。全国の舞台だからと「よそゆきを着る」ことにも陥った。地方大会ではほとんどしなかった送りバントを命じ、選手を戸惑わせた。
 
败北原因之一是“心神不宁”。因为比赛前的紧张而不知所措,甚至忘记了叮嘱、鼓舞队员。因为是国家级舞台,还曾钻过“好好表现”的牛角尖。另外还命令使出在地区大会基本没用过的牺牲触击,令队员们非常困惑。
 
強豪校にして、この苦い経験である。監督にも選手にも特別なプレッシャーのかかる大舞台ゆえであろう。夏の甲子園がきょう開幕する。
 
对于一个棒球实力超群的学校,这无疑是痛苦的经验。无论是教练还是选手,都面临着该大舞台带来的巨大压力。今天,夏季甲子园大赛开幕了。
 
天候不順で予定より1日遅れての始まりである。きのうは近くの大学などで室内練習場を借り、汗を流す選手たちがいた。「台風に1日の時間をいただいたと、とらえようと思う」。そんな声が紙面にある。順延がせめて、平常心を保つ助けになってくれればと願う。
 
因为天气不好,所以开幕式推迟了一天。昨天,有选手在附近的大学等场所借了室内练球场,挥汗如雨,进行最后的准备。“台风给我一天的时间,我一定要把握住这些点时间。”报纸上,登载了这些选手的心声。比赛的顺延至少能帮助选手保持平常心,我如此希望着。
 
多くの人がふるさとに向かう時期でもある。出身地で過ごすお盆と、地元代表校の応援。それは「二重の意味で自分とは何かを再確認することにつながっているのではないだろうか」と、スポーツ社会学者の清水諭(さとし)さんが書いている。白球を追う姿に感動する。それを分かち合う誰かがいる。
 
夏季甲子园开赛之时也是很多人返回家乡之日。有些人在出生地度过了盂兰盆节,还有些人为当地学校的代表队鼓劲呐喊。“所谓自己究竟是什么?不正是可以在这双重含义下再次得到确认吗?”体育社会学者清水论先生这样写道。追逐白球(棒球)的样子令人感动。必定有人能共同分享这份感动。
 
〈汗一斗勝者敗者のへだてなく〉伊藤白潮。長きにわたる努力の末の1勝は、とてつもなく重い。その裏にある1敗にも、同じだけの重さがある。
 
“汗水一升,并非胜败之间的隔阂”,这是伊藤白潮的诗。长期努力后获得的一次胜利,沉重得出人意料。而其中包含的一次失败,也具有同样的分量。
 
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论