返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日文古典名著 » 雨月物語 » 正文

白峯 十六

时间: 2017-12-05    点击:245进入日语论坛
核心提示:此の言葉を聞(きこ)しめして感(めで)させ給ふやうなりしが、御面(みおもて)も和(やは)らぎ、陰火(いんくわ)もややうすく消(きえ)
(单词翻译:双击或拖选)
此の言葉を聞(きこ)しめして感(めで)させ給ふやうなりしが、御面(みおもて)も和(やは)らぎ、陰火(いんくわ)もややうすく消(きえ)ゆくほどに、つひに竜体(みかたち)もかきけちたるごとく見えずなれば、化(け)鳥(てう)もいづち去(ゆき)けん跡もなく、十日あまりの月は峰に隠れて、木(こ)のくれやみのあやなきに、夢路(ゆめぢ)にやすらふが如し。
       
ほどなくいなのめの明けゆく空に、朝(あさ)鳥(とり)の音(こゑ)おもしろく鳴(なき)わたれば、かさねて金剛(こんがう)経(きょう)一巻(いっくわん)を供養(くやう)したてまつり、山をくだりて庵(いほり)に帰(かへ)り、閑(しづか)に終夜(よもすがら)のことどもを思ひ出づるに、平治の乱よりはじめて、人々の消息(せうそく)、年月のたがひなければ、深く慎(つつし)みて人にもかたり出でず。
      
其の後、十三年を経(へ)て治承(ぢしやう)三年の秋、平(たひら)の重盛病(しげもりやまひ)に係(かか)りて、世を逝(さり)ぬれば、平(へい)相国(さうこく)入道、君をうらみて鳥羽(とば)の離宮(とつみや)に籠(こめ)たてまつり、かさねて福原(ふくはら)の茅(かや)の宮に困(くるし)めたてまつる。
 
 
現代語訳
 
(崇徳上皇は)この言葉をお聞きになって、お気に召したかのようであったが、次第にお顔つきも穏やかになり、鬼火もしだいに薄れていくにつれて、ついにお姿もかき消したように見えなくなくなると、怪しい鳥もどこへ行ったのか跡形もなくなり、十日過ぎの月は峰に隠れて、木が生い茂って暗く、物の文目(あやめ)もわからない暗さに、さながら夢路をさまようような気持であった。
 
ほどなく白々と明けいく空に、爽(さわ)やかに小鳥のなく声が聞こえてきたので、重ねて金剛経一巻を読誦(どくじゅ)回向申し上げ、山を下り庵(いおり)に帰った。心静かにこの一夜の出来事を思い出してみると、新院のお語りになったことは、平治の乱のことをはじめ、人々の身の上・動静など全く事実どうりで、(院の語られた事実と)年月の違いもなかったので、(これは尋常ではないと、)深く畏(おそ)れ慎(つつし)んで、(このことを)誰にも語ることをしなかった。
 
その後、十三年を経た治承(じしょう)三年の秋、平重盛は病にかかって世を去ったので、入道清盛は、誰憚(はばか)ることなく、後白河院をお恨みして鳥羽離宮に幽閉申し上げ、さらに福原新都の茅(かや)の宮に押し込め苦しめ奉るということがあった。
 
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论