返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

中国笑話集512

时间: 2019-07-01    进入日语论坛
核心提示:談論世説新語(排調篇)   豫州刺史の諸葛瑾(しよかつきん)が別駕(べつが)(刺史の属官で最高職)の者を朝廷へ派遣すると
(单词翻译:双击或拖选)
 談論
 
                                                         世説新語(排調篇)  
 
 豫州刺史の諸葛瑾(しよかつきん)が別駕(べつが)(刺史の属官で最高職)の者を朝廷へ派遣するとき、息子の諸葛恪(しよかつかく)の自慢をして、
「わたしの息子は談論を心得ているから、会って話してみるがよい」
 といった。
 ところが、別駕が何度訪ねて行っても諸葛恪は会おうとしない。
 その後、ある人の宴席で別駕は諸葛恪に出会い、大声で、
「やあやあ、若殿さま」
 と呼びかけた。諸葛恪が、
「豫州も乱れているとみえる。やあやあとは何事です」
 とからかうと、別駕はいった。
「明君賢臣があって、その国が乱れたという話はきいたことがありません」
「いや。むかし堯(ぎよう)帝が上にありながら、四凶が下にいたということもある」
「なるほど、そうでした。四凶ばかりではなく、堯帝には丹朱(たんしゆ)という馬鹿息子もおりましたな」
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论