返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日语阅读短文 » 正文

(38)貴重な旅

时间: 2013-12-27    进入日语论坛
核心提示:貴重な旅(38)  久しぶりに知人と会うと、必ず、「どこか旅行に行きましたか」と聞かれる。出不精な私の返事はいつも「いい
(单词翻译:双击或拖选)
貴重な旅(38)

      久しぶりに知人と会うと、必ず、「どこか旅行に行きましたか」と聞かれる。出不精な私の返事はいつも「いいえ」なのだが、相手はこまめに海外へ足を伸ばしている。ただの買い物旅行ではない、彼らの話を聞くのは楽しいが、中には冷や汗ものの話をしてくれる人がいる。 
   ある女性は、人があまり行かないところに異常に興味を示す癖がある。もちろんツアーには参加しない。日本に帰る日だけ決めておいて、東南アジアの奥地とか、中南米に一人でひょこひょこ行ってしまうのだ。 
   そのなかでいちばん驚いたのは、中南米に行ったときに、麻薬の運び人と間違われて、隣国にスムーズに出国できず、足留めされてしまったという話である。何日かその国にとどまっていれば、不審人物にされなかったのに、通過するだけだったので、疑われたのだ。 
   言葉がよくわからない彼女が、 
   「私は無実だ」 
   というつもりのジェスチャーを一生懸命やっても、担当官は、 
   「遠い日本からわざわざやってきたというのに、我が国に一日も滞在しないのはおかしい」 
   と、疑いのまなこを彼女に向けたままだというのであった。 
   彼女は特別に人相が悪いわけではなく、どちらかといえば優しい顔立ちなのに、運び人と間違えられたということで、あちらの国々ではいかに麻薬が大問題になっているかがわかった。すったもんだのあげく、半日後、やっと彼女は解放されたが、それも担当官がしぶしぶという感じだったという。「取り逃がした」という顔つきの、彼の視線を背中に感じながら、彼女は「私は無実だもん」とぶつぶついいながら、出国したそうだ。 
    無事に旅を終えて日本に帰ってこられたからいいようなものの、一歩、間違ったら大事になるところだった。
   「へたをしたら、終身禁固刑だったかもしれません」
   と彼女は豪快に笑った。確かに貴重な経験をした旅にはなるけれど、私にはそんな旅はとてもできないのである。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(2)
100%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论