返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 世界の昔話 » 正文

月の見ていた話十四夜

时间: 2017-12-07    点击:242进入日语论坛
核心提示: こんばんわ。 わたしは、高い空の上にいる月です。 タ方から朝になるまで、色んな国の色んなところをながめます。 では、ゆ
(单词翻译:双击或拖选)
 こんばんわ。
 わたしは、高い空の上にいる月です。
 タ方から朝になるまで、色んな国の色んなところをながめます。
 では、ゆうべ見た事を話してあげましょう。
 
 森の道を歩いて行くと、屋根にこけが生えたお百姓(ひゃくしょう)さんの家があります。
 窓の下にはモモ色や黄色の花が咲いていて、小さな庭の畑にはキャベツが植えてありました。
 そして門のところには、にわとこ(→スイカズラ科の落葉大低木)の木が一本立っています。
 枝にはコウノトリが巣(す)を作っていて、昨日の夜もカチカチとくちばしを鳴らしていました。
 そのコウノトリを、女の子はジッと見ていました。
 ドアの下の石段に座ってほおづえをついて、時々ため息をもらしていました。
 その時ドアが開いて、お兄ちゃんが出て来ました。
「何をしているんだい?」
「お兄ちゃん、お隣のおばさんが言ってたの。赤ちゃんは、今夜コウノトリが連れて来るよって。なのに、家のコウノトリ、ちっとも出かけないの」
「アハハ。コウノトリはね、赤ちゃんを連れて来ないよ」
 お兄ちゃんは、女の子の横に腰を下ろしました。
「じゃあ、誰が赤ちゃんを連れて来るの?」
「それはね、神さまだよ。神さまは大きなマントに赤ちゃんを包んで来てくださるのさ。でも残念な事に、その姿は人間には見えないんだって」
 お兄ちゃんがそう言った時、いきなり強い風が吹いて、にわとこの木がガサガサと音をたててゆれました。
 お兄ちゃんと女の子は顔を見合わせて、急いで手を合わせました。
 神さまが、いらしたに違いありません。
 そして風が止むと、二人は手を取り合ってホッと頷きました。
 するとドアが開いて、手伝いに来ていたお隣のおばさんが言いました。
「ねえ、コウノトリが何を連れて来たか見てごらん。可愛い男の赤ちゃんだよ」
 お兄ちゃんと女の子は、
「そんな事、とっくに知ってるよね」
と、クスッと笑い合いましたよ。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论
推荐内容
热点内容
论坛新贴