返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 世界の昔話 » 正文

イワンと子ウマ

时间: 2017-12-26    点击:258进入日语论坛
核心提示: むかしむかし、イワンという若者が、子ウマをつれて旅をつづけていました。 山の途中で夜になり、道がわからなくてこまってい
(单词翻译:双击或拖选)
 むかしむかし、イワンという若者が、子ウマをつれて旅をつづけていました。
 山の途中で夜になり、道がわからなくてこまっていると、運よく、ピカピカと光った金色の鳥の羽をひろいました。
「これは、べんりだ」
 イワンは、その羽で足もとをてらしながら、ぶじに都につくことができました。
 そして王さまに、その羽をさしあげると、
「これはめずらしい。これは火の鳥の羽だ。この羽を持っているなら、鳥のいるところも知っているだろう。つかまえてきたら、おまえをわしのけらいにしてやる」
と、いいました。
 イワンが困っていると、子ウマが、
「それならいい考えがあります。トウモロコシとブドウ酒をもらって、出発しましょう」
と、いいました。
 イワンは子ウマの背中に乗って、一週間も走りつづけ、美しい花にかこまれた泉のほとりにつきました。
 トウモロコシとブドウ酒をならべて、岩のかげからようすを見ていると、どこからか火の鳥がやってきて、食べたり飲んだり、いい気持ちでねころんでしまいました。
「しめた!」
 イワンはさっそく火の鳥をつかまえて、お城に帰りました。
 すると、王さまはいいました。
「火の鳥がつかまえられるなら、海の女王だって連れてこられるだろう。すぐ出かけなさい」
 イワンが困っていると、子ウマがいいました。
「おやすいご用です。サトウのおかしをもらって出発しましょう」
 イワンはまた、子ウマの背中に乗って一週間も走りつづけ、海べにあった金の船の中にサトウのおかしをおいて、物かげでようすを見ていました。
 すると海の中から、美しい女王があらわれて、船の中のサトウのおかしを食べはじめました。
「それ、いまだ」
 イワンはうしろからとびかかって女王をつかまえて、お城に帰ってきました。
 王さまはたいへん喜んで、女王に、
「わたしのお嫁さんになってください」
と、いいました。
  すると女王は、
「あなたがグラグラとにえたっている、ミルクのおふろにはいることができたら、おおせにしたがいましょう」
と、こたえました。
 ずるい王さまは、イワンを使ってためしてみようと考え、
「たびたびの働きでつかれただろう。ミルクのふろにはいって、ゆっくりやすむがいい」
と、いいました。
 さあ、たいへんです。
 イワンはグラグラとにえかえっているミルクのふろの前で、まっさおになりました。
 すると子ウマが、しっぽをふろの中につっこみ、ブルッとふるわせて、ミルクのしずくをイワンのからだにかけていいました。
「もう大丈夫。さあ、おはいりなさい」
 イワンがおそるおそるふろにはいってみると、ふしぎと、ちっともあつくありません。
 それを見た王さまは、すっかり安心して、
「のけ! こんどはわしの番だ」
と、いきおいよくふろに飛びこみましたが、たちまち大やけどで、死んでしまいました。
 そしてイワンはけらいたちにすすめられて、新しい王さまになり、海の女王をおきさきにして、子ウマといっしょにいつまでもなかよくくらしました。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论