返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

糸井重里の萬流コピー塾159

时间: 2019-11-09    进入日语论坛
核心提示:カヘ・バーで使おう さぁて、(毒)気の多い今週だが、あとはどれを残そうかな。いっそ、今回は歪んだまま突っ走ってやれ。・垣
(单词翻译:双击或拖选)
カヘ・バーで使おう
 
 さぁて、(毒)気の多い今週だが、あとはどれを残そうかな。いっそ、今回は歪んだまま突っ走ってやれ。
・垣東徹治『ロスが五輪なら洗剤は無リンです』(毒) 完全にダジャレ。その中ではトップかな。
・藤谷信夫『国鉄運賃の値上りで、ロスまでの旅費の工面がつかなくなった』(竹) ……ねぇ。
・常山英明『その男は、空に飛んで行ったまま3秒間も戻って来ない』(竹) うまい。
・片岡博多『キタザワ、ユメです』(梅) パロディは、みんなうまいんだよナ。
・大橋祥哲『プラス二輪で暖かい、マイナス二輪は気持ちいい』(梅) よくわかんないけど、さ。
・白原光一『突然思い出したがイーグルスはどうしたっ!』(竹) ロスとキャラクターのイーグルサムと、両方にひっかかるのが面白かった。
・加藤典子『国境にスポーツはない』(梅) もひとつ深くできそうなんだけどなぁ。
・神田善彦『ロサンゼルスは、スポーツマンシップに乗っとられてしまいました』(梅) というのがあるが、
・杉浦範茂『ショーハイよりショーバイ』(梅) という見方もある。
単純なんだけど残したいのは、
・亀海昌次『ブレザー・ツアー』(梅) この人、掲載4回目で、もう名取だッ! 重亀海昌次という、読みにくい萬名を授ける。最近、糸萬ピ“第二の波”を感じるな。
・筑場敬子『「ロスオンピ」と呼んで下さい』(梅) これ、ちょっと無理があるね。
・高森富夫『東京の頃の赤ちゃんが、走り、泳ぎます』(竹) 84マイナス64イコール……あら、ホンに。
・小野里誠『スタートは、いつもいっしょだった』(梅) 『だった』より『なんだ』のほうが良いであろう。
・瀬能勝『オリンピック村に年貢米を要求した御代官様がいたかどうかは、不明である』(毒)
以上でやめとこう。今回のコピーは記憶しておいて、開会後に冗談として使用すると、絶対ウケるから、せいぜい「まぁ面白い方」なんてモテちゃってくれ。
今週の宿題
知っての通り「糸井重里の萬流コピー塾」は、単行本になった。売れ行きが良い(と思う)ので新しく刷ったものについては、「帯」のコピーを次々と変えるつもりである。その、帯(腰巻き)用のコピーを宿題にする。むろん、最優秀作品は実用として使う。現在のコピーは、現物を見て知りなさい。ここでは教えてやんない。
「プレゼントも、またまた用意いたしますです」
では、家元は帰るぞ。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论