返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

糸井重里の萬流コピー塾160

时间: 2019-11-09    进入日语论坛
核心提示:今週のテーマは「マッチ」である その前日、私が家元の糸井重里である。番頭は、額に氷のうをのせ、体温計を数本口にくわえ、こ
(单词翻译:双击或拖选)
 今週のテーマは「マッチ」である

 その前日、私が家元の糸井重里である。
番頭は、額に氷のうをのせ、体温計を数本口にくわえ、ここに横たわっておる。
「申しわけもございません、家元。昨夜から原因不明の高熱で、思考能力もなにも失われ、私、お稽古をお手伝いすることができません」
思考能力以外に、いったい何が失われたのだろうか。
「つまり、立つ力とか硬くなる力とか、行く力とかそういったモロモロのものと、モテる力、世のため人のためになる力などでございます」
そんなもの、以前からなかったじゃないか。熱は、どうだ?
「ハイ、只今、摂氏七千度あたりのところをさまよっております」
どれどれ、煙草の火をつけてみよう。おおっ! 点火した。
「先程から、近所の主婦たちが、いれかわりたちかわり私の身体のうえにやかんを乗せていくので困ります」
すべて沸騰しておるな。動くとこぼれるぞ。それでは、アレだな、明日の「笑っていいとも!」にポスター貼りに行く仕事も無理かもしれぬな。
「こ、このやかんさえどかしてもらえたら……」
そのうち近所の主婦が、とりにくるんじゃないかしらん。
「それが、一人ずつ自分の家のだけを持って帰るのでございます。しかも、噂をききつけた隣町の会社のOLたちが、業務用の特別でっかいやかんを持ってまたいれかわりたちかわり……」
じゃ、「笑っていいとも!」はどうしようか。
「ウフフ、ここに、名案が」
あっ、名案が動き出したぞ。
「番頭ロボット・オメカワ2号でございます。すべての用事は、このオメカワ2号が私の代理で責任を持って行ないます」
そうか、どことなく番頭さんに似たロボットだな。では、遠慮なくこのオメカワ2号をこきつかうぞ。
「そうしてくださいませ。私、ここでひたすらにお湯を沸かしておりますから」
じゃ、オメカワ2号、稽古にしようかね。
「ハイ、それがよろしゅうございましょう」
おお、喋り方も番頭にそっくりだ。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论