返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 赤川次郎 » 正文

失われた少女28

时间: 2018-09-10    进入日语论坛
核心提示:28 エピローグ 「よく晴れたな」 と、伊波は言った。 「そうね」 律子が肯《うなず》く。「もう列車が来るわね。あの人、何
(单词翻译:双击或拖选)
 28 エピローグ
 
 
 「——よく晴れたな」
 と、伊波は言った。
 「そうね」
 律子が肯《うなず》く。「もう列車が来るわね。あの人、何してるのかしら?」
 「大《だい》丈《じよう》夫《ぶ》だよ」
 雪がまぶしい。——駅のホームにも、白く、分《ぶ》厚《あつ》い雪がつもっている。
 他にはほとんど客もなかった。
 「——色々お世話になって」
 と律子が言った。
 「よせよ、変だぞ」
 と、伊波は笑《わら》った。
 「そうね」
 律子は微《ほほ》笑《え》んだ。「どうするの? 東京に出て来る?」
 「さあ。——差し当り、金がなくなるまで、Mホテルでのんびりするよ」
 「またいつか会える?」
 「そうだな。そいつは偶《ぐう》然《ぜん》に任《まか》せようじゃないか」
 「洒落《しやれ》てていいわ」
 律子は、ちょっと顔を赤らめた。「しばらくは忙《いそが》しいと思うの。主人と話し合って——子《こ》供《ども》を作ろう、ってことになったから」
 「そいつはいい。おめでとう」
 「気が早いのね。まだできたわけじゃないのよ」
 二人は一《いつ》緒《しよ》に笑《わら》った。
 「——やあ、遅《おそ》くなった!」
 小池がみやげ物の袋《ふくろ》を下げてやって来る。
 「何を買ったの?」
 「課の連中へ、さ。これも付き合いだ」
 「ああ、列車が来ましたよ」
 と、伊波は言った。「じゃ、これで——」
 「色々どうも」
 当りさわりのない言葉を交わして、伊波はホームから出た。
 「——送りましょうか」
 駅の前に、村上が立っていた。
 「もういいんですか、体の方は?」
 「無《む》理《り》さえしなけりゃ大丈夫、ってことです。しかし、どこまでが無理なのか、教えてくれませんのでね」
 と村上は笑《わら》った。
 村上の車に乗って、Mホテルへと向う。
 「——あなたのことを疑《うたが》っていて、すみませんでした」
 と村上が言った。
 「何のことです?」
 「あの血《けつ》痕《こん》ですよ。てっきりあなたの所にいる謎《なぞ》の女と、あなたの共《きよう》謀《ぼう》だと思ったんですがね」
 「一度疑われると、いつまでも忘れてくれませんね」
 「以後は気を付けましょう」
 ——俺《おれ》の気持は分るまい、と伊波は思った。やってもいない殺人で、みんなに疑いの目を向けられ、「社会的有《ゆう》罪《ざい》判《はん》決《けつ》」を受けたことが、どんなに人を傷《きず》つけるものなのか。——警《けい》察《さつ》の人間に、それが分るだろうか? あの、武井の胸《むね》の痛《いた》みが、到《とう》底《てい》理《り》解《かい》できないように、おそらく、法の守り手には、分らないだろう。
 「——すみませんが、例の喫《きつ》茶《さ》店《てん》で降《お》ろして下さい」
 と伊波は言った。
 「いいですよ。当分はホテル住いですか」
 「そうなるでしょう」
 「また本が出たら読ませていただきますよ」
 そうだ。これも読者の一人なんだ。
 「よろしく」
 と、伊波は言った。
 ——カウンターの奥《おく》では、相変らず、エプロンをかけた主人が、カップを洗っている。
 「やあ先生」
 「やあ」
 いつものテーブルにつく。
 また、元の通りだ。
 「大変でしたね、色々」
 と、主人がカップに、コーヒーを注ぎながら言った。
 「ありがとう。——しかし、すっかり片《かた》付《づ》いたよ」
 「肝《きも》を冷やしましたね、お互《たが》い」
 「全くだ」
 と、伊波は肯《うなず》いた。
 誰かが店に入って来た。——伊波の前の席に座《すわ》る。
 「東京へ行ったんじゃなかったのか」
 と、伊波は言った。
 「戻《もど》ってきたの」
 と、侑子は言った。「ここにいていい?」
 「ああ、もちろん。——何か飲むかい?」
 「良かった!」
 侑子は息をついた。「あ、コーヒー下さい。——もう東京にいても仕方ないし、ここに来るしかなかったんだもの。あなたに帰れ、って言われたら、どうしようかと思ってたの」
 「おい、待てよ」
 と、伊波はあわてて言った。「君が今、『ここ』って言ったのは——」
 「この町に、ってことよ」
 「僕は、その席のことかと思った……」
 「もう遅《おそ》いわ! OKって言ったんですからね。——ねえ、聞いたでしょう?」
 店の主人は、ただニヤニヤ笑《わら》っている。
 武井は、侑子を雪の上に残して、崖《がけ》から落ちて行った。侑子は、一人ぼっちになってしまったのだ。
 「しかし、もう住む所がないんだよ」
 と、伊波は言った。「二人でホテル暮《ぐら》しじゃ、いくら金があっても足りない」
 「本を書けば?」
 「気安く言うね」
 「若《わか》い奥《おく》さんのためには、多少、張《は》り切《き》ってくれなきゃ」
 伊波は呆《あつ》気《け》に取られて、侑子を眺《なが》めていた。
 「——私、ずいぶん財《ざい》産《さん》を相続したのよ。いくらでも若い人を見付けられるわ。それでも、あなたの所に来たのよ」
 「押《お》し付けがましいね」
 「そうよ。好きなんだもの。——愛は押し付けがましいものなのよ」
 およそロマンチックなセリフじゃない、と伊波は思った。
 窓《まど》から入る、雪の照り返しが、侑子——一人の少女の若々しい頬《ほお》を光らせている。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(1)
100%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论